夜勤専従 看護師 メリット デメリット



夜勤専従看護師のメリット・デメリット

 

 

 

 

看護師といえば夜勤の仕事を思い浮かべる方も多いと思われますが、
最近では、さまざまな理由で夜勤ができない看護師も増えてきています。

 

 

 

そのような看護師不足を補っているのが、いわゆる夜勤専従看護師です。

 

 

 

夜勤を専門的に行う看護師の活躍は、
雇用側である病院などにとっても非常に高い期待をうけるものとなります。

 

 

 

 

夜勤専従看護師の最大のメリットは、なんといっても収入の高さにあります。

 

 

 

看護師の給料が一般のOLなどに比べて高い水準にあるのは、
夜勤手当をうけとれることにあります。

 

 

 

夜勤専従看護師は、
短期間で夜勤手当を含めた高い報酬を効率よく獲得できます。

 

 

 

また、日勤と夜勤を交互にシフトする看護師、いわゆる常勤看護師に
比べると夜間のみの勤務ですので、生活のリズムが安定させやすくなります。

 

 

 

 

常勤看護師ですと、2交代制や3交代制で、
日勤と夜勤が入り混じっていますので、なかなか生活リズムにのっていけないことが多くあります。

 

 

 

しかし夜勤専門で仕事をするとなると、精神的に強くなくてはいけません。

 

 

 

 

一般の方が眠っている間に仕事を行うわけですから、
これまでに経験のないことをすることになります。

 

 

 

また、夜勤の看護師は日中に比べて人数が少なくなっていますので、
突如忙しくなることもあります。

 

 

 

急患の患者が運ばれてきたりすると、仕事自体が突然忙しくなるわけです。

 

 

夜勤専従看護師にはメリットとデメリットがありますので、
働き方が自分の希望するもの、自分に合っているものであるかを、
十分に検討するようにしておきましょう。

 

 

 

仕事を見つけたいのなら看護師求人サイトのナース人材パワーセンターがオススメです。

まずは、
>>>ナースパワー人材センター 口コミ・評判<<<をチェックしてください。

 

>>>ナースパワー人材センター 口コミ・評判を見る<<<

*利用は無料です!