3年目 看護師 退職金



3年目の看護師の退職金はどれくらいもらえるの?

 

 

いろいろな理由で、退職をしなくてはいけないときに
気にかかることが退職金の額です。

 

 

 

新しい勤務先へ転職したり、あるいはこれから転職先を探すという方にとっては、
元手となる資金ですので、多くもらえるにこしたことはないですよね。

 

看護師の退職金というのは、どれくらいもらえるものなのでしょうか。

 

 

 

 

 

看護師の退職金にはその形態や金額にはさまざまな
支払基準・計算方法がそれぞれの職場で決められています。

 

 

 

 

一番多いスタイルが「毎月の基本給×勤続年数」の計算方法です。
例えば、基本給20万円の3年目の看護師の場合であると20万円×3年=60万円となります。

 

 

 

 

また勤務者のこれまでの業績や貢献度に乗じて比率を掛けるスタイルです。
基本給20万円、3年目、貢献度を30%とすると、20万円×3年×130%=78万円。
業績分が加味される分、さきほどよりも高い金額になります。

 

 

 

 

この他にも、勤続年数で退職金の固定額が決まっているスタイルなどもありますが、
いずれにしても支給額を決める項目は「基本給」と「勤続年数」となってきます。

 

 

 

3年目の看護師であれば、勤続年数が少ない為に、
あまり多くの退職金は望めないということです。

 

 

 

 

また、場合によっては、勤続3年未満の看護師には
退職金が支給されないという勤務先も多くありますので注意が必要です。

 

 

 

退職金の額は職場によって異なりますが、これから新しい看護師の仕事を探すという方にとっては、
あまり退職金をあてにしないほうが懸命かもしれませんね。

 

 

 

 

もし転職をお考えであれば、今の仕事を続けながら転職活動を進められるように
看護師求人サイトのナースパワー人材センターがオススメです。

 

 

 

 

今の仕事を辞めずに転職活動をするめることができます。
なぜなら担当者があなたに代わって活動をすることができるからです。

 

 

>>>ナースパワー人材センター 口コミ・評判を見る<<<

*利用は無料です!