看護師 種類 仕事



看護師の種類(仕事)ってどれぐらいあるの?

 

 

 

看護師といえば病院で働くものであると思い込んでいませんか。

 

 

病院も当然そうですが、他にも看護師の仕事の種類はたくさんあるのです。

 

 

 

実際に働いている看護師もすぐに思い出せないくらいたくさん存在しており、
その現場によって必要な資格なども異なってきます。

 

 

 

まずは病院で働く仕事ですね。求人も多く出されており、
看護師本来の人を助けるという目的に直接的に関わる仕事の種類です。

 

 

 

国や都道府県の運営する公的医療機関の他、民間の医療機関、
個人病院などその活躍の場所は多岐にわたり、規模・仕事レベルも大きく異なってきます。

 

 

 

病院の中には、外来・病棟・外科などのように担当する診療科が大きく分けられており、
必要とされる能力やスキルもその仕事の内容によってさまざまなものがあります。

 

 

 

次に、地域医療機関であるクリニックでの仕事です。
地元の個人経営のクリニックでは、地域の患者の診察を行っています。

 

 

患者の処置や救急処置などの看護師能力の他にも、
地元のお年寄りや子供たちとのコミュニケーション能力も問われる種類ですね。

 

 

 

 

最近では高齢化に伴い、老人福祉施設や介護保険施設での仕事も増えてきています。入所者の健康管理や介護補助などの業務などには、

 

 

ホームヘルパーやケアマネージャーとの連携が大切になります。

 

 

 

その他にも会社の医務室での仕事や、学校の保健室での仕事などがあります。

 

 

 

看護師の仕事は多くの種類がありますので、
自分の希望する、自分に合った種類の仕事を選択したいものです。

 

 

 

そうはいってもなかなか一人で自分に合った仕事を見つけるのは大変ですね。
そんな方には、看護師求人サイトのナースパワー人材センターがおすすめです。

 

 


担当者は親身になって丁寧な対応をしてくれます。転職をお考えの方は、まずは
>>>ナースパワー人材センター口コミ・評判<<<をチェックしてください。

 

*利用は無料です!