看護師 年収 1000万



看護師年収1000万になるには?

 

 

 

夢の年収1000万円。

 

 

一般企業でいえば、大手一流企業の部長職以上の
クラスや中小企業経営者クラスの報酬です。

 

 

 

そこで、看護師の職業では、
年収1000万円は手の届かない領域なのでしょうか?

 

 

いえいえ、そんなことはありませんよ。
看護師で年収1000円クラスの報酬額を得ている人もいらっしゃるのです。

 

 

 

国立病院系列の師長クラスの看護師は、
年収が1000万円に届いている人も存在します。

 

 

 

一般的な看護師平均年収が450万円程ですので、
約2倍以上の収入があることになります。

 

 

 

しかしながら、国立病院系列の師長の全てが、
このクラスの報酬を得ているわけでは当然ありません。

 

 

まず師長になるための最低限の条件としては、
看護師としての高い技術・能力は当然必要になります。

 

 

 

経験・実績が豊富なことに加えて、リーダーシップやマネジメント能力、
管理能力、コミュニケーション能力が問われてきます。

 

 

 

さらに、病院経営への貢献度や、院外活動での地域への貢献度、
看護学校での指導力などの付加価値を備えている看護師長であれば、

 

年収1000万円は、可能水準であるといえるでしょう。

 

 

 

 

看護師の年収は、その職場や仕事の内容によって大きく左右されています。

 

 

そのような中で、年収1000万円の大台に乗せる為には、
能力・実績・信頼の3つが確実に備わっており、

 

勤務先からの絶対的な高い評価が必要となってきます。

 

 

 

逆に、高い能力を有し、日常のハードワークをこなして頑張っているからといって、
勤務先より高い評価を得ることができなければ、

 

年収1000万円の報酬を得ることはできないということです。

 

 

 

年収1000万を目指すなら、職場の状況を考えてることも必要です。
可能な職場なのかどうかを見極めることも大切です。

 

 

 

もし、今の職場では、難しいということであれば、
年収1000万狙える職場への転職も考えるべきです。

 

 

 

転職を考えるなら看護師求人サイトを利用し、
担当者へ転職の相談をすることがおすすめです。

 

 

担当者は、求人先の様子や状況なども把握していますので、
希望に沿う求人を提案をしてくれます。

 

 

 

看護師求人サイトで担当者が丁寧で優秀なのがナースパワー人材センターです。

 


転職をお考えならまずは

>>>ナースパワー人材センター 口コミ・評判を見る<<<

*利用は無料です!