看護師 向いていない人



看護師に向いていない人って?

 

 

どのような仕事でもいえることですが、人には向き、
不向きがあるのは仕方のないことです。

 

 

 

自分に向いていない仕事を選んでしまうと、うまくいかなく、悩みも多く、
最終的にはその仕事を辞めなくてはならないかもしれません。

 

では、看護師に向いていない人というのは、どのような人をさすのでしょうか。

 

 

 

 

まずは、「手先は不器用な人」です。
手先は不器用で、いつも手が震えてしまって細かい作業が苦手な人は少し難しいかもしれません。

 

 

 

採血や注射の時に血管をなんどもはずしてしまうと、
患者も少し心配どころか、怒らしてしまうかもしれません。

 

 

 

意外かもしれませんが、あまりに優しすぎる方も看護師に向いていないといわれています。

 

 

 

大きな病院などでは、患者が無くなってしまうことも珍しくありません。
その時に、情にあつい看護師さんなどは精神的に大きなショックを受けてしまうのです。

 

 

 

患者に対して肩入れしすぎてしまうと重要な場面での判断を誤ることにもなりかねず、
ある程度は仕事であると割り切るドライな考え方も必要になってきます。

 

 

 

 

毎日多忙な仕事を受け持つ看護師にとっては根気も大切です。
少し嫌なことがあると仕事を投げ出す根気のない人も看護師には向いていないといえるでしょう。

 

 

 

もっとも、この点については看護師に限ったことではないともいえますね。

 

 

 

これらは、あくまで看護師に向いていない方の一例です。

あてはまっている方でも、努力しだいでは立派に仕事をこなすことができるのです。

 

 

 

 

 

今の職場を変えたい、転職を真剣にお考えの方におすすめはナースパワー人材センターです。

 

>>>ナースパワー人材センター 口コミ・評判を見る<<<

*利用は無料です!